スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【赤緑 / 高速ステロイド】&【青黒緑t赤 / ゴエモンキー】

赤緑 / 高速ステロイド

4 《凶戦士ブレイズ・クロー》
4 《冒険妖精ポレゴン》

4 《斬斬(ギルギル)人形コダマンマ》
4 《無頼勇騎タイガ》

3 《若頭の忠剣ハチ公》
3 《天真妖精オチャッピィ》
4 《フェアリー・ギフト》

4 《カモン・ピッピー》
1 《次元流の豪力(ジオ・バリバリ・ミランダ)》
3 《超次元グリーンレッド・ホール》
4 《超次元シューティング・ホール》
2 《父なる大地》


1 《ハイドラ・ギルザウルス/死海竜ガロウズ・デビルドラゴン》
1 《ブーストグレンオー/激竜王ガイアール・オウドラゴン》
1 《激相撲!ツッパリキシ/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン》
1 《勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》
1 《流星のフォーエバー・カイザー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン》
1 《勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》
1 《レッド・ABYTHEN(エビセン)・カイザー/シャチホコ・GOLDEN(ゴールデン)・ドラゴン》
1 《ガイアール・カイザー/激竜王ガイアール・オウドラゴン》



 第5回川崎CSで使用したステロイドを速度アップさせた構築。
 動きは見た目以上に赤緑ウィニーと違っていて、『打点を溜め込む』まではやらないものの、単に突っ張るのはNG。黒緑のように、いわゆる『縦と横の動き』を意識することが必要。

 一番気をつけなくてはならないのが、1stターンでの《凶戦士ブレイズ・クロー》召喚と【ドロマー】の《墓守の鐘ベルリン》。
 先手であれば、それでも1点削ったあとに召喚される訳なのでまだマシだが、後手1stターン召喚の返しに出されてしまうと対処不可能。これ1枚をそのまま損する格好となってしまう。
 なので後手の場合は《ベルリン》警戒プレイが必要なのだが、実はこれが意外とシンプル。最近のドロマーは白単色が《光牙忍ハヤブサマル》のみという構築が主流で、他の白は殆どレインボー。なので、相手が先手1stターンで白系レインボーをマナにセットしなかった場合、2ndターンで《ベルリン》を召喚してくることは稀。たとえ《ハヤブサ》をセットして《ベルリン》を出されても、《ブレイズ》で《ハヤブサ》を切らせたなら万々歳だから。
 場に《ベルリン》が残ったら、3000以上でゴリ押すか《超次元グリーンレッド・ホール》あたりでクリアするのがベター。大体《激相撲!ツッパリキシ》で潰すか、そのターンで詰ませられるなら《勝利のプリンプリン》で凍らせるかの二択。流石に2体並べられると《爆竜 GENJI・XX》でもない限り辛いので、なるべく早くクリアしたいね。

 構築の反省としては、あと1枚1コストを増やしても良かったかな、と。
 個人戦で1度も1stターンに動けなかったのと、《父なる大地》がそこまで役割強くなかったので、この枠を弄るべきであった。
 投入候補は《スナイプ・モスキート》。デッキの性質上、これを1stターンに出してビートしていくのは不可能だが、1stターンを使ってあらかじめ盤面に1点用意して置けるというのが非常に大きい。2+1とか3+1とか良くやるしね。。それに《グリーンレッドH》と役割は若干被るが、《天真妖精オチャッピィ》との噛み合いが無きにしも非ず。積むべきだったなぁ。



■青黒緑t赤 / ゴエモンキー

4 《霞み妖精ジャスミン》
4 《フェアリー・ライフ》
4 《セブンス・タワー》

1 《蒼狼の始祖アマテラス》
3 《サイバー・N(エヌ)・ワールド》
1 《デビル・ドレーン》
1 《ディメンジョン・ゲート》
3 《フォーチュン・スロット》
4 《ドンドン吸い込むナウ》

3 《蛇手の親分ゴエモンキー!》
1 《賢察するエンシェント・ホーン》
1 《無双恐皇ガラムタ》
3 《魔龍バベルギヌス》
1 《ボルバルザーク・エクス》
2 《永遠のリュウセイ・カイザー》

1 《光牙忍ハヤブサマル》
3 《希望の親衛隊ファンク》


1 《時空の霊魔シュヴァル/霊魔の覚醒者シューヴェルト》
1 《勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》
4 《ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー》
1 《勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》
1 《アクア・アタック〈BAGOOON(バゴーーーン)・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック》


 団体戦用に制作。団体戦用というのは、複数人で握る前提だよ、ということ。

 この構築は尖らせた分、【イエス】にかなり弱くなっており、【イエス】側が満足に動かない限りは殆ど負けてしまう。
 ただ、【イエス】は環境の大きな勢力のひとつである【ラムダ】に不利という性質があり、使用率はさほど高くないと予想できる。もちろん個人戦で当たってしまえば終わりなのだが、これは団体戦。2名以上に【イエス】を握らせるという編成は殆ど居ないであろうと判断し、【イエス】相手に穴を開けた構築を複数という編成で乗り込んだ。
 結果として、3名の内1名が【イエス】という編成とは対戦したが、2名以上が握っている編成とは対戦しなかったので、読みは当たっていたと判断して良いかな。


 構築自体は、尖っていると言っても非常にシンプルに仕上げたつもり。
 フィニッシュは《永遠のリュウセイ・カイザー》《無双恐皇ガラムタ》に絞り、《超竜バジュラズ・テラ》や《復活の祈祷師ザビ・ミラ》はアウト。後者はあっても良かったかもしれないが、それでも他の枠を優先させ、デッキの回転を良くする方が重要と判断した。《リュウセイ》+《ガラムタ》さえ揃えてしまえば、殆ど勝ててしまえる環境だからね。あくまでも、勝ちパターンまで一直線に。

 シルヴァーバレットのとこは結構お気に入り。
 《デビル・ドレーン》は今回のヒーロー。パーツの盾落ちをケアしつつ、【ドロマー】の《パクリオ》をメタれるエグいハンドソースで黒基盤。これの有無で相当変わっていた。
 サーチ枠は《ディメンジョン・ゲート》と《ダンディ・ナスオ》で悩んだのだが、前者の方が役割強いのでこれに決定。《ハヤブサ》《希望の親衛隊ファンク》《蛇手の親分ゴエモンキー!》《ボルバルザーク・エクス》を手札に用意出来るトリガー、もっと積みたいくらい強い役割を担っているよ。

 積みたかったカードとしては、マナ回収として《セイレーン・コンチェルト》等と、《超次元エナジー・ホール》。後者を積めば【イエス】に対しても抗えるようになるから、個人戦でも使えるようになるね。

 ちなみに超次元ゾーンは《ザビ・ミラ》《超次元エナジー・ホール》のブラフ。特に後者のブラフが効く。《ドンドン吸い込むナウ》あたりのキープを促せるのがGood。:3

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Thunders36

Author:Thunders36
◇Introduction
・静岡県で活動中のDMプレイヤー
Team DM静岡CS主宰
・DM:Akashic Record Writer

◇DM Record
・2009EM中部[個人]:Top8
・第1回川崎CS[個人]:準優勝
・第4回おやつCS[団体]:Top8
・第5回川崎CS[個人]:優勝
・第5回川崎CS[団体]:優勝
・第2回中部CS[団体]:Top8
・おやつCS2013冬[団体]:Top8
・第4回桃太郎決闘祭[個人]:Top8
・2014DS中部[個人]:優勝
・おやつCS2015冬[個人]:3位
・第1回DMやまなCS[個人]:4位
・第1回DM志太CS[個人]:3位

Category
Archive
Diary
Twitter

Thunders#36 < > Reload

Link
My Treasure
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。