0 Comments
■個人戦

大会形式:予選3R+本選6R?
制限時間:【1G】15分
使用デッキ:赤緑 / 高速ステロイド

・R1 D(0)× 白青赤緑 / ローゼス
・R2 D(3)○ 青黒赤緑 / ゴエモンキー
・R3 P(2)○ 黒緑 / ウィニー

 2-1(5)でテーブル内3位、予選通過ならず。



■団体戦

大会形式:スイスドロー4R+シングルエリミ4R
制限時間:【1G】15分
チーム:GTS
【A】GAGERABUT:青緑t黒赤 / ヒラメキメフィスト
【B】島田の首領:青黒緑t赤 / ゴエモンキー
【C】Thunders#36:青黒緑t赤 / ゴエモンキー

・R1 チーム2-1 / D× 白青黒 / ハンデスLO
・R2 チーム2-1 / P○ 白青赤緑 / ゴエモンキー
・R3 チーム2-1 / P○ 白青黒 / イエス
・R4 チーム3-0 / D○ 白青赤緑 / ゴエモンキー

 チーム4-0(9-3)で予選通過。


・B8 チーム2-1 / D○ 青赤緑 / ラムダ
・QF チーム1-2 / D○ 白青黒 / ハンデスLO


 準々決勝にて終了、Best8。



■総括

 個人戦は本当に惜しかった。

 シールドポイントが(5)、2位通過の方は(6)。この1点差には色々な原因があり、『2位通過の方がR3でパクリオを打たれる』『自分がコダマンマ以外の選択肢がない場面が2度もあった』『そもそもこの方とR1で当たっており、3tハチ公スタートという事故をカマしている』『ウィニー戦で1tスタート失敗&コダマンマ』などなど...さらに細かい要因だってあり、このうちのどれか1つクリア出来ていれば2位通過できていたワケで。
 ・・・と散々書いてみたが、この方も自分との対戦でシールドポイントを5点も損していた(スコアシート記入の前にシールド撤去)。結局この方に勝つ以外に、上がる術はなかったか。


 団体戦も腹四分目くらいだよ。

 今回はチームで同じ構築を握ろうと考え、3人で握る用の黒猿を偏った構築で制作。これを3つ並べる予定であった。

 しかし、直前でメンバーのGAGERABUTがデッキ変更を訴えてくる。
 彼は個人戦でヒラメキメフィストという地雷デッキを使用するも、プレイミスでBest16止まりに終わる。これが非常に心残りになりそうだったらしく、団体戦でも使いたいと訴えてきたので緊急会議を実施。
 自分は「ここで埋めるにはもったいない構築」であると思い、これを承諾。メンバーの島田の首領も「本人が勝てるって言うなら」と承諾。ということで、黒猿2+地雷の編成で挑むことに。

 結果ヒラメキメフィストは、残念ながら本選では0-2だったものの、予選では3-1としっかり勝ち星をキープ。そしてなにより、その構築でチームGTSに注目を集めてくれた。
 Best8という結果自体は残念でならないから、またこんな編成でリベンジしたいね。


 組んでくれた2人、中部CSの運営の皆さん、ありがとうございました。また宜しくお願いします。:-)
Thunders36
Posted byThunders36

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。